アメリカ・ヨーロッパ

海外留学でヨーロッパへ向かうなら一体どこがおすすめなのでしょうか。英語を公用語としているイギリス、アイルランド、マルタなどそれぞれ特色があります。なので自分の目的やライフスタイルに合わせて留学先を選ぶモチベーションが大事です。正統なイギリス英語を学びたいという人たちは、もちろんイギリスを選択するでしょう。イギリスは人気の語学の留学先です。

アイルランドの英語は、イギリス英語やアメリカ英語に比べては、訛りがあったりします。イギリス英語に近いことは近いのですが、比較的生徒も少ないから落ち着いた環境で勉強をすることが出来ます。

一方ではアメリカに目を向けている人たちも多くいらっしゃいます。2008年に起きたリーマンショック以降、沈滞気味だったアメリカ留学もかなり人気を持ち直した感じです。

アメリカの海外留学で一番人気は、ニューヨークです。毎年毎年世界中から大変多くの留学生が集まるから安心して勉強をすることが出来ます。スペイン、フランス、そしてイタリアなどヨーロッパの学生たちとも交流する機会がここには多くあります。

観光でマンハッタン島に繰り出すことが出来ますし。ニューヨークの他には、西海岸のロサンゼルスやサンディエゴ、サンタバーバラなどにも注目が集まっています。