アメリカ・ヨーロッパ

海外留学でヨーロッパへ向かうなら一体どこがおすすめなのでしょうか。英語を公用語としているイギリス、アイルランド、マルタなどそれぞれ特色があります。なので自分の目的やライフスタイルに合わせて留学先を選ぶモチベーションが大事です。正統なイギリス英語を学びたいという人たちは、もちろんイギリスを選択するでしょう。イギリスは人気の語学の留学先です。

アイルランドの英語は、イギリス英語やアメリカ英語に比べては、訛りがあったりします。イギリス英語に近いことは近いのですが、比較的生徒も少ないから落ち着いた環境で勉強をすることが出来ます。

一方ではアメリカに目を向けている人たちも多くいらっしゃいます。2008年に起きたリーマンショック以降、沈滞気味だったアメリカ留学もかなり人気を持ち直した感じです。

アメリカの海外留学で一番人気は、ニューヨークです。毎年毎年世界中から大変多くの留学生が集まるから安心して勉強をすることが出来ます。スペイン、フランス、そしてイタリアなどヨーロッパの学生たちとも交流する機会がここには多くあります。

観光でマンハッタン島に繰り出すことが出来ますし。ニューヨークの他には、西海岸のロサンゼルスやサンディエゴ、サンタバーバラなどにも注目が集まっています。

アジア

英語学習のための留学先なら、何も遠出をする必要はないのかもしれません。現在、フィリピンが学生に人気の語学留学先として人気を集めています。フィリピンは第二次世界大戦が終わるまで50年間はアメリカの植民地であり、英語教育もかなり浸透しているのです。

現在、多くのフィリピン人が、英語を話すことが出来ます。そして、日本人の人たちに、フィリピンの留学のメリットは、かなり物価が安いことではないでしょうか。お金の問題を無視して海外留学をすれば、お金のために頓挫してしまうこともあるかもしれません。

そして、フィリピンなら、勉強に疲れたとき、海のバカンスによって癒されることが出来ます。何もムキになって勉強、勉強という必要はありません。勉強と同時に、リゾート気分を存分に味わえばいいのです。

リゾート地として有名なセブ島にも、語学学校がいくつも開校されています。首都のマニラと比較すると物価が安いため、生活にも便利です。日本語も比較的通用する場所であり、まるきり英語圏への海外留学というのはちょっと不安という人たちにおすすめ出来るエリアではないでしょうか。フィリピンには、ハイレベルな英語を学ぶための語学学校があり、ちょっと難易度の低い外国の人たちのために開校した語学の学校もあります。

留学の人気のある国とは?

あなたは、海外留学を考えて、どこの国をイメージしているでしょうか。みなさんは、まだ若くいろいろな国へも羽ばたくことが出来るのです。カナダ、フィリピン、オーストラリア、イギリスなど、いろいろ国があって、なかなか総合的判断も出来ないでしょう。

本当にいろいろ国があって、意外と思うかもしれませんが、南アフリカも穴場だったりします。ケープタウンには結構な数の語学学校が集中していおり、アフリカ諸国やヨーロッパ圏からの若い人たちが多く学んでいたりします。日本で、そのような情報が知られるようになったのもごくごく最近のことです。

日本の人たちが、そうか南アフリカもあるのかと知る以前から、結構積極的活動を行っていたようです。しかし、私達は、同時に長期的海外渡航という場合、治安の問題を無視することが出来せん。南アフリカと言えば、やっぱりそのような問題の不安要素は抱えているものです。

しかし、治安が不安だから、学校を中心にしたシステムが構築されているという言い方も正解なのです。学校を中心にして、安全なホームステイ先の斡旋などが積極的に行われていたりします。寮の問題ももちろん充実しており、アフタースクール、更に週末のアクティビティも豊富です。

南アフリカというのなら、間違いなくみなさんにとって、貴重な思い出になることも間違いがありませんし、サファリや観光も同時に楽しむことが出来ますし。まだまだみなさんに紹介はしたい国があります。